2014年05月27日

ゴーヤの芽

おはようございます!

お久しぶりです。

野菜セットを準備したり、朝市に出店する度に、写真をとってご紹介しようと思うのですが、つい、忘れてしまいます。


更新に間が空いておりますが、元気にやっております!


今日はゴーヤの芽のご紹介。

ゴーヤの芽2.jpg

この左端に発芽したばかりの芽がのぞいていますが、

これも、その隣で大きくなっている苗も、

実は同じ日にまいたものです。

それが発芽するのに1ヶ月以上もずれがありました。

ゴーヤの芽.jpg

なかなか発芽しないものが5ポットぐらいあり、もう発芽しないものだと思っていたので、

先週、ぽこっと芽をだし始めた時は、本当に驚きました!


同じように種をまき、同じように保温した環境に置いていたのですが、

こうも違ってくるのですね。

ゴーヤ本来の発芽の時期を考えると、今発芽するのはそう遅くはなく、

むしろ今の方が適した環境だとは思います。

保温されている環境にはだまされなかった、ということなのか、

発芽するのが遅い遺伝子なのかもしれない。


このゴーヤをみて、沖縄に生息する蛾の話を思い出しました!

約200個の卵を産み、そのほとんどがサナギになって1週間で羽化します。

ところが同じ親から生まれたのに1週間で羽化せず、

およそ1ヶ月たってようやく羽化するものが必ず現れるそうです。

この羽化する時期も親から受け継いだ遺伝子の違いによる個性のひとつらしいのですが、

なぜ1ヶ月も遅れて羽化する必要があるかというと、

沖縄には台風が多くくるので、その時に羽化していれば絶滅の危機があるからだそうです。


ゴーヤの発芽時期には台風はこないですが、

成長度合いの違うゴーヤがいれば、どれかは生き残る可能性が高まるということかな、なんて思いました。


また、このゴーヤは、3年種をとり続けているものです。

なので余計に、形質の安定した市販の種よりも、個性の違いがあるのかな、とも思ってみたり。

あ、でもゴーヤって、購入した種の発芽率もそういえばよくなかったので、やっぱり発芽時期に差のでるものなのかもしれません。

なんだか適当な話ですみません!


そしてこの種とりですが、

今までは、大きさや、色、形の良いものだけを選抜し、残していくのがいいと思っていたのですが、

そうした一級品のものだけを残すより、それよりも少し劣るものも合わせて残した方がいいそうです。

種を残すためには、多様性が一番大事だから、ということだそうです。

画一化されるより、種として強くなるのですね。

個性の幅がないと、何かあった時に対応できず滅んでしまう可能性も高くなります。


この遅れて発芽したゴーヤをみて、

そうか、これが多様性か!!

と妙に納得し、そしてちょっと感動しました!


ゴーヤの芽の話でした!




posted by ようこ at 09:37| Comment(0) | 有機農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

いちご

こんにちは!


先週から、いちごを収穫できるようになりました!
いちご実2.jpg


甘いです。

本当に味が濃くて、本当に美味しいです。

自然の恵みってすごいものだなと、改めて思いました。

なんだか、無限に甘いような気がします。

まぁ、大げさなと、自分でも思うのですが(笑)

このいちごを食べていると、いちごに限らず、甘さも美味しさも無限にあるように感じて、

自分が広がるような気がします。



このいちご、6年前?に、3株を庭の植木鉢に入れたのが最初です。

園芸店で買ってきた、宝交早生という品種。

実をつける時期を終えて、なんとなく、植木鉢から直接庭に植えました。

それから、枯れてなくなったように思っていたのですが、

また時期になると新しい葉っぱがでてきて、ぽつぽつと株が出現するのです!

少しだけ実はつくものの、酸っぱい酸っぱい!!笑

それからまた、やっぱり枯れてしまったかと思っているうちに、

年々、株が増えているのです。

そして段々と、ただ酸っぱいだけだった味に、甘味がでてくるようになりました。

昨年、一段と数が増え、味も良くなってきたので、

これは是非、野菜セットに入れて、食べて頂きたい!と思い、

苗を畑に移すことにしました。


いちごは、収穫を終えると、株を整理して、苗床を作り、秋までその苗床で管理をします。仮植えです。

10月頃に、今度はまた株を引越しさせて、本植えをします。


その仮植えをせずに、一気に本植えをしたので、どのぐらい収穫できるようになるか、また味もどうなるかわかりませんでしたが、とりあえず挑戦してみました。


そして、5月に入ってから少しずつ実をつけ始め、先週からセットにお入れしています!


有機栽培の露地いちごです。

多分、ものすごく貴重だと思います。笑


今年は株の大きさもまちまちで、実も小振りですが、

きちんと管理をしていけば、来年はさらに期待できるのではないかと思います。

こちらはいちごの花。
1いちご.jpg


いちごって、実は特に好きではなかったのですが、

こんなに美味しいものだったなんて!

いちご実.jpg

今のところ、なめくじにちょっと食べられるぐらいで、

鳥につつかれてはいないのでホッとしています!

今月いっぱいは、収穫できる予定です。


いちごのご紹介でした!



posted by ようこ at 09:56| Comment(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

モモ

こんにちは!


緑がいきいきしてきて、とても気持ちがいい、好きな季節です。

緑が元気な時は、農家はやっぱり忙しくて、

私も、忙しくしていました。

年々、体力がついてきて、動けるって本当に嬉しいことだなと、元気にやっております!


とはいえ、つい、早く!たくさん!となっていくと、

一日無駄なくびっしり動いて、充実感はたっぷりあるものの、

ますます忙しくなっていくのですね。

やろうと思えば、やることは無限にありますし。


と、元気にバタバタしていた4月の中頃から、

『モモ』という本のことを無性に思い出すのです。

ミヒャエル・エンデさんの書かれた児童文学?になるのでしょうか。

あんまりバタバタしてると時間どろぼうに時間を盗まれるよ!

きっと私はそう思っているのだなぁ、と思いつつ、

でもねぇ、そうは言っても、とますます毎日に余裕がなくなるのですね。

あ、これは本当に時間どろぼうに時間を盗まれている!!笑

と笑えるほどに思いつつ、

時間どろぼうのせいにしてはかわいそうだよなぁなんて、思っていた矢先、


思っていたより早く雨が降ったり、

急に冷え込んで、霜注意報がでたり。


雨の降った日に、トマトとミニトマトの苗を植える予定でした。

特に保温もせずに植えつける予定でしたので、

一足早く植えつけていたら、霜に当たっていたかもしれません。


おかげで、一呼吸おくことができました。


私の時間が戻ってきて、私もほっと一安心です。。










それでは気持ちのいい一日になりますように!









posted by ようこ at 09:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。